【天秤印】名古屋・横浜弁護士雑記

現在名古屋市に勤めている元裁判官が、日々感じたことなどを書いています。

子ども・家族支援に役立つ面接の技とコツ【書評】

複雑にしてシンプル、シンプルだけれども複雑。 読後感を表すと、そんな印象を受けるでしょうか。 複雑かな、と思うと、書いてある内容は意外にシンプルにも思えるところがありますが、簡単に実践できるかというと、とても難しい―。 www.kinokuniya.co.jp こ…

居場所のちから―生きているだけですごいんだ【書評】

以前ブログを書いたとき「読もう」と思った、この本を、少し前に読み終わりました。 横浜から持ってきておいて、正解だったな、と思います。 著者の西野博之さんは、「NPO法人フリースペースたまりば」という活動を、平成3年頃から続け、平成15年には…

ROOKIES就職体験会を見学させていただいて

今日は、「ROOKIES」の就職体験会を見学させていただきました。 児童養護施設等を出身の若者を、雇用と応援する職親の会|ROOKIES 「ROOKIES」というのは、児童養護施設等を退所した後や、事情があって親の援助や保証を受けられない方々を応援…

多様な『社会的養護』の試行錯誤より―NPO法人ゆめ・まち・ねっとの活動

今日は、「社会的養育における里親制度と里親支援研修会」として開催された講演会、「多様な『社会的養育』の試行錯誤より」に参加してきました。 「社会的養育」というと堅苦しく聞こえてしまいますが、「家庭」にも余裕がなかなかなく、「学校」等にも居場…

南部地域療育センター「そよ風」スプリングバザー

昨日は、南部地域療育センター「そよ風」で行われたスプリングバザーを見に行ってきました。 「療育センター」というのは、障害を持つお子さんに対して、診察をしたり、障害に合ったサービスなどを行う施設です。 当日の会場では、フリーマーケットや飲食店…

はや2週間

児童相談所に勤めて、はや2週間がたちました。 あっという間でした。 充実しています。 悔しいのは、まだまだ自分が知らないことが多く、現場のスピードについていくにはまだまだ不足していると感じることでしょうか。 書籍を読む時間も(自由業であったこ…

どうにか、更新可能に。

何とか、名古屋で生活できる状態になれそうです。 インターネットにもつなげるようになりました。 この間、名古屋で行われた安全パートナリングという、児童相談所の方々が参加している勉強会に出席して見たり、東京のCCAPの行っていた「妊娠期からの切…

ありがとうございました。

今日は、事務所泊まり込みで作業をしています。 そのおかげで、久々にパソコンに少し向かう時間ができました。 横浜で7年間、弁護士をやってみて。 いろいろなお客様と出会うことができました。 それぞれのお客様にどれだけのお返しができたのか…。 自分がお…

SOS子どもの村「里親養育の質の向上をめざして」に参加して

正直、間もなくパソコンを事務所から撤去しますし、そもそもパソコンの前に座る時間が少なくなってきました。 そのため、委員会・研究会やイベント・研修等もあまり参加できない状態ですが、先日のこのイベントだけは、是非見ておきたいと思いかねて申し込ん…

【安全委員会方式研修会】に参加して

先日は,名古屋での生活拠点を探しがてら,「安全委員会方式研修会」に参加してきました。 「安全委員会」方式というのは,話を伺った限りでは,児童福祉施設の中で,力関係に差がある「身体への暴力」等を主に対象として,外部の委員を含めた安全委員会が,…

ナラティヴとアセスメント-児童虐待や少年非行におけるソーシャルワークについて思ったこと

少し前に考えたことを,振り返りも含めて書き残しておきます。本当に「雑感」で,整理されているわけではないのですが…。 1 英国における子ども虐待におけるソーシャルワーク 昨年の11月25日,26日には,チャイルドファースト・ジャパン主催の「子ど…

むずかしい子を育てるペアレント・トレーニング【書評】

通勤読書でも、この本なら読めました。 www.akashi.co.jp 「ペアレント・トレーニング」というのは、ペアレント【parent】=親のトレーニング、つまり、親として子どもと接する方法についてのトレーニングのことを言います。 インターネットで検索すると、発…

「学び」で組織は成長する【書評】

もはや、本当に通勤の間くらいしか読書には使えなくなっていますが…。 先日、この本を読み終わりました。 「学び」で組織は成長する 吉田新一郎 | 光文社新書 | 光文社 いささか前の本ですが、面白かったですね。 「一人でできる学び」「二人でできる学び」…

「三つの家」を活用した子ども虐待のアセスメントとプランニング【書評】

先週のことになりますが,この本を読み終わりました。 www.kinokuniya.co.jp この本は,外国(ニュージーランドとオーストラリア)と日本の,子ども虐待問題に関わるソーシャル・ワーカーの先生方が書かれたもので,親子の間に何らかの「溝」があるものの,…

終わりということ(愚痴でしょうか?)

疲れました。 名古屋に移るにあたって、いろいろと終わらせなければならないことも、今後は手伝えなくなることなどもあるのですが…。 疲れますね。 いつも、何らかの組織から離れるときは、できれば「よい関係」で離れたいと思っているのですが、なかなかそ…

「地方自治法概説」【書評】

1 あけまして あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。 この間,他職種との泊まり込みでの勉強会に出たり,事務所の整理,事件の整理,行政委員や弁護士会委員の最後のお返し等を行っていて,なかなか読み進みませんでしたが…。 やっ…

名古屋市の児童相談所に(ご報告)

平成30年4月1日から、名古屋市の児童相談所に勤めることになりました。 名古屋市:名古屋市任期付職員(弁護士)公募の選考合格者について(市政情報) 名古屋市が弁護士の公募を行ってくださっていたため、それに応募させていただいたものです。 子どもに関…

病院内こども虐待対応組織 構築・機能評価・連携ガイド・運営マニュアル【書(?)評】

これも少し前に読み終わったものですが,少しだけ書いておこうかと思います。 巻末の記載によると,厚生労働科学研究費による報告書を,再編成した物のようですね。 多分,ワークショップシンポジウム「防げる死から子どもを守るために」に参加したときに,…

ソーシャルワーカーのジレンマ【書評】

ソーシャルワーカーについては,以前「社会とのつながりが弱くなってしまった人を、うまく社会と結びつける仕事をされている」のではないか,と書いてみたことがありますが,具体的にどういった場面でどういった仕事をしているのかは,なかなかイメージしが…

重大事例検証についての勉強会

17日には、子ども虐待の重大事例検証についての勉強会に参加して、お話を伺ってきました。 地方自治体での重大事例検証は、平成23年に出された通達等を基に行われているのですが、なかなかその通達だけでは限界があるところもあり、「もっと良いものにできな…

日本フォスターケア研究大会に参加して

16日は,日本フォスターケア研究大会に参加してきました。 日本子ども虐待防止学会などに比べると,集まった人数こそ多くはありませんでしたが,その分,内容の濃いお話や,参加者も加わってのお話を聞くことができました。 津崎先生からは,児童福祉法改…

組織変革のビジョン【書評】

各イベントで買ってきた本以前に、各イベントでもらってきた資料を読み込むのに忙しかったです…。 一つの資料を読むと、その資料の参考文献を読んだり、書いてあることを理解するために他の資料を調べたり…。 とはいえ、そんなことばかりしていては、気がめ…

日本子ども虐待防止学会第23回学術集会ちば大会に参加してみて

http://zenninnet-sos.org/ こう土日が潰れると,前に参加したイベント等や,前に読んだ本についてブログに書くことが,どんどん難しくなっていくなあ…と思いつつ。 12月2日は,日本子ども虐待防止学会の,第23回学術集会ちば大会に参加してきました。 1 1…

臨床心理士・カウンセラーの技法と弁護

他にも書き留めておきたいイベント等は降り積もっているのですが(そして時間が経ってしまって書くことをあきらめてしまうのですが),昨日弁護士会で聞いたお話について少し。 1 治療的司法 昨日は,弁護士会で「治療的司法」についてのお話がありました。…

イベント「常勤弁護士のいる児童相談所と子どもの権利保障」に参加して

10月27日は,東京弁護士会主催の,「常勤弁護士のいる児童相談所と子どもの権利保障」というイベントを聴きに行ってきました。 以前別のブログに書いたとおり,児童相談所の弁護士に関心はあります。神奈川県弁護士会の子どもの権利に関する委員会を辞め…

里親大会「大切なあなただから」に参加して

10月21日は,第30回神奈川県里親大会「大切なあなただから」に行ってきました。 「里親大会」なので,本来は「里親」として登録している方向けなのだと思いますが,一般参加もできます。私自身は,横須賀市の児童福祉審議会に所属していたときにその登…

【ぱあとなあ神奈川研修】第三者後見人による事例検討会

10月20日には、ぱあとなあ神奈川の研修会に参加してきました。 …いえ、「はあとなあ」は、家庭裁判所に成年後見人候補者の名簿を提出している社会福祉士会の組織なのですが、「どうせなら他職種も参加しませんか?」とお誘いが弁護士会にあったものです。 1…

人が集まって生きるということ(「オオカミの護符」【書評】)

1 昔は木がたくさん 先頃,横浜市の「北」に行った際,そこの方から「この辺りは,昔,木がたくさんあったんですが…」ということを言われ,この本のことを思い出しました。 www.shinchosha.co.jp この本は,宮前の土橋にて幼少期を過ごされた方が書かれ,土…

養護教諭のためのいじめ対策プログラム(平成29年度こころの健康セミナー)

1 養護教諭が「いじめ」の問題にできること? 前の記事よりも、日付は遡ることになりますが…。 8月26日の土曜日には,平成29年度の「こころの健康セミナー」(神奈川県精神保健福祉協会主催)に参加してきました。 このセミナーは、以前勉強会で面識を…

母子保健:さいたまの取り組みを伺って(父子手帳と産後うつのパンフレットなど)

1 「母子保健」のお話 日曜日に,さいたまの母子保健の話を伺う機会がありました。 裁判所,という役所にいて,児童相談所は多少なりとも関わりを持つことがあったのですが,保健師,あるいは精神保健福祉士・社会保険福祉士といった方々は,児童福祉や高齢…