【天秤印】横浜弁護士雑記

横浜で弁護士をしている元裁判官が、日々感じたことなどを書いています。

「ネットトラブルの法律相談Q&A」(出版報告)

 

昨年、共著で執筆に関わっていた本が、今日出版されました(と思います)。

「ネットトラブルの法律相談Q&A」(法学書院)

 

私も所属する、横浜弁護士会インターネット法研究会のメンバー全員で、分担して書いた本になります。

私の担当部分は、「第9章 会社・企業関係」「第10章 著作権」。

共著者全員で初めに話していたことは、

「普通の人にも読めるように分かり易く書こう」

ということでした。

どれだけ、その目的が成功しているのか…。

結局のところ弁護士であり、また、書いた当人である自分では、

確かめようがないところが、もどかしいですね…。

 

いずれにせよ、いい勉強になりました。

こうした書籍や論文を書こうとすると、それまで突き詰めて考えなかった「条文の行間」のようなものを考えざるを得ないので、思いのほか勉強になります。

その点は、「問われたものに答えればよい」裁判官の仕事と、少し違うのかもしれませんね。

 

どれだけ、うまく書けたかは分かりませんが、

読む人の疑問に少しでも答えられる本であってほしいと、願ってしまいますね